大好きな植物のかほりにまつわるあれこれについて、想いや見聞きした事をつらつらと・・
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< チンキたち | main | 山椒の若葉 >>
甘夏柑の雫
 初めて手にした甘夏の精油です。→
愛媛の生産者さんが試行錯誤の末、やっと製品化できたとのこと。

一般に出回っている柑橘精油は圧搾法で採られていますが、
これは水蒸気蒸留です。
なので、フロクマリン類の光毒性の心配は無さそうですね。
成分はリモネン91% γテルピネン5.5% αピネン0.7%・・・

モノテルペン類がほとんどですから、
血液をどんどん流して温めてくれたり、うっ滞を流してくれたり。
リラックスして免疫力もアップしてくれそうです。
リラックスするということは、
腸の動きを良くしてくれるから、便通も良くなるでしょうし、
冠状動脈を広げてくれるから心臓も元気になって、
血液がスムーズに流れて隅々にまで行き渡ってくれるでしょうね。

あ〜〜
想像しただけで、ほんわりとカラダが緩んできそうです〜〜

香りの印象はね・・・
皮を剥いた時のあの苦みばしった香りは控えめで、
マーマレードの香りって表現がピッタリです。

あたたかくて優しい香りですよ。

スポンサーサイト
COMMENT